【第2回】効率よく帳簿チェック作業を行う仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

中級編2回目の今回も、
前回の復習という事で、
「マイニング」について説明をしていきます。


前回も説明しました通り、
ビットコインというのは、


ユーザー全員がビットコインの帳簿を持っていて、


送金をしたい時は、
ユーザー全員に「これからビットコインの送金しますよ」
とアナウンスし、


不正が無いか確かめた上で、
ユーザーは問題なければ、
自分の帳簿に追加。


帳簿がアップデートされた時点で、
送金が完了する。。 


このような仕組みでした。


前回の講座も含めて、
おおよその仕組みは
ご理解頂いたと思います。


しかし、
これではあまりにも
非効率だと思いませんか?


ビットコインのユーザーは
全世界に数千万の単位で存在します。


数千万のユーザー全員が、
手元にある帳簿をチェックして、
承認をするというのは、
生半可な作業ではありません。


加えていえば、
ビットコインユーザーが
全員帳簿でチェックできるとしても、
全員がパソコンの電源をつけていなければ、
承認作業ができません。


要するに、
全員でチェックするというのは
非現実的で不可能なわけです。


それではどうしているのか?


実は、全員に承認をもらっているのではなく、
毎回、代表者を抽選で1人決め、
その人が送金を承認するようになっています。


この抽選には、
少し暗号の仕組みが施されていて、
誰もが参加できるものではなくて、
コンピュータに強い人が参加できる抽選になっています。


もう少し具体的に書きますと、
承認作業の度に、難しい計算問題が出題され、
一番早く解いた人が送金の承認を行う仕組みになってます。


難しい計算問題と書きましたが、


実際には、
「今回は1〜100兆の中で
 1つだけ正解の数字を作りました。
 正解の数字は何でしょう?」
という類の問題で、くじ引きと変わりません。


毎回同じ人が問題を解いてしまうと、
毎回同じ人が承認作業を行うことになってしまい、


ビットコインのネットワークが
牛耳られてしまいますので、
必ず、ランダムに承認者が決まるようになっています。


また、「計算問題を解く」という話をしましたが、
一応、コンピュータを使って計算をしていますので、
電気代がかかっています。


計算問題を解いて、
承認作業をするだけでは、


この電気代のコストがでていくだけで、
タダ働きになってしまいます。。。


タダ働きでは、
誰も承認作業を行わなくなってしまうので、
そこに報酬が発生する仕組みになっています。


計算問題を解いて、
承認作業に参加してくれた人には、
ビットコインのシステムが自動的に、
報酬として、一定のビットコインが与えられます。


2015年3月時点では、
1回の計算問題ごとに、
25BTCを与える形になっているのです。


この承認作業によって
発生したビットコインは、
ビットコインの新規発行に該当します。


今回の話をまとめますと、


ーーーーーーーー

いくらビットコインの帳簿を
全員が持っているからといって、


全員が帳簿を見て、
送金をチェックしていたら非効率なので、
送金を承認する作業を行う人が抽選で選ばれ、
その人が承認作業を行います。


ただ、承認作業を行う際にタダ働きでは、
誰も承認作業に参加してくれてないので、
承認作業をしてくれた人には、報酬が与えられ、
正常にビットコインシステムが動くようになっている。


また、承認作業をする人が毎回同じ人に偏ると、
ビットコインシステムが乗っ取られてしまうので、
ランダムな抽選(計算問題)が採用されています。

ーーーーーーーー

とこういうことになります。


この承認作業と計算問題を解く事を
専門用語で「マイニング」と呼びます。


計算問題を解いて、
25BTCを得るという作業を、
ビットコインを掘り起こす事に見立て、


マイニング(採掘)と
呼ばれているようです。


初級編の読者の方からは、


このマイニングに関しての
質問が多く寄せられました^^;


例えば、こんな質問です。


“ビットコインの可能性は
よく理解できました。

ところで、毎回出題される問題というのは、
誰が出題しているのですか?

また、報酬というのは、
中央の管理組織がないのに、
誰が与えるものなのですか?”


といった質問です。


同じような質問を抱いた方も
少なくなかったのではないでしょうか?


前回の初級編では、
説明を大きく端折った部分でしたので、
質問が来るのは当然といえば、
当然なのですが^^;


こういった内容も理解できるよう
3回目以降、もう少し具体的に
ビットコインの仕組みを説明していきますので、
楽しみにしていてください!


特定の組織が誰も管理していないけれども、
通貨システムが正常に動く仕組み・・・
面白くなってきましたね^^


ということで、


次回もまた
一歩ずつ前に踏み出していきましょう^^

Comments are closed.